じょーろBLOG

一人暮らしの家事ブログ

賃貸住み必見!ディアウォールで簡単DIY!!

f:id:Jsweets:20191005001743p:plain


どうも!じょーろです

 

今回の記事では

「ディアウォール」について紹介していきます

 

一人暮らしをしている方は、

ほとんどの方が賃貸物件だと思われます

 

その場合、テレビを壁掛けにしたいと思っても

賃貸物件だから壁に穴を開けることが出来ませんよね

 

しかし「ディアウォール」という商品を使えば、

壁に穴を開けないDIYが可能になります

 

f:id:Jsweets:20191003012801j:plain

出典:ディアウォール-DIAWALL公式サイト

 

 

 

 

ディアウォールとは?

「ディアウォール」とは、

壁に穴をあけられない家でも、

壁を使ったDIYを可能にし、

好きなところに柱を建てることができるアイテムです

 

ディアウォールは、

ホームセンターなどで売っている

2×4(ツーバイフォー)の木材を使用し、

 

木材にディアウォールを上下かませて、

床と天井を固定することで柱を建てるという仕組みです

 

ディアウォールはどういうときに使うの?

 

ディアウォールは、

壁に穴をあけられない賃貸物件

壁を傷つけたくない

というときにオススメです

 

ディアウォールを使えば

ラックも作ることができ、

 

壁を傷つけないので

ぼくの家でも活用している

壁掛けテレビなども設置できます

 

ディアウォール設置について

 

まずディアウォールを設置するのに

必要なもの用意しましょう

 

~必要なもの~

 

  • ディアウォール
  • 2×4木材
  • メジャー

 

※上記は最低限のものです

2×4木材をつなげるジョイント

棚設置用の棚受けなどは必要であれば揃えましょう

 

 

ディアウォールは1つ1,000円以下、

2×4は3m程度のものであれば500円ほどで

どちらもホームセンターで揃えることができます〇

 

柱用の2×4は

「天井の高さ-45㎜」の長さで用意しておきます

 

資材館のあるホームセンターへ行くと、

有料ですが木材カットをしてくれます

購入時にカットもしてもらいましょう

 

そのため事前に

ディアウォールを設置する場所の

天井の高さをメジャーで測っておきましょう

 

ディアウォールの取り付けは

ディアウォールの説明書を読みながら

簡単に設置することができます〇

 

ちなみにぼくの家ではこのように

ディアウォールを使用しています

 

f:id:Jsweets:20190924210458j:image

 

↑壁掛け用の器具を木材に

ネジで通しているので壁には穴をあけていません

 

f:id:Jsweets:20190924211135j:image

 

↑こちらはガチャレールを取り付けて棚を作っています

 

ガチャレールのネジ穴も

あけるところは木材だから安心〇

 

設置時の注意点

 

ディアウォールの設置は簡単にはできますが、

自分よりも大きなサイズの木材を使用することもあり

危険が伴う場合があります

 

設置時には、

必ず周囲の安全を確認してから始めましょう

 

設置時の調節について

「天井の高さ-45㎜」の

長さで用意した2×4木材ですが、

必ずぴったりにはなりません

 

柱が突っ張らないと、

安定せず倒れてくる可能性もあるため

とても危ないです

 

そのため、ディアウォールの付属品で

高さを補うために使う中敷きがあります

 

しかし、付属している中敷きのみでは足りない場合があります

その場合は、同じ大きさに切った段ボールで代用することができます

 

ディアウォールの耐久度について  

 

ディアウォールで耐えられる重さについては

商品自体には明記されていません

 

そのため何でもかんでも物を乗せるのはNGです

 

しかし、棚受けなどを使用して

柱を組み合わせることで耐久度を上げることは可能です!

 

自分で調節しながら、

安全に使える重量を確認してから使用しましょう

 

 まとめ

 

今回は便利なディアウォールについて紹介しました

 

ディアウォールは

使い方次第で部屋をオシャレにでき、

 

棚を作れば収納スペースを

作ることもできる最強のDIYグッズです

 

しかも自分でノコギリ等は

使わないから手間なく簡単にできる〇

 

皆さんもぜひディアウォールで

簡単DIYに挑戦してみてください!

 

以上!

おしまい〇